どんふぁんドットコム
234月/16

MacBook Pro 13インチ購入。

 ここ1〜2ヶ月ほど、ノート型のマシンが欲しいと思っていて、「必要なスペック」と「どのMacBookにするか?」を考えた結果、MacBook Proの13インチに決めました。Appleから到着した翌日に、MacBookのスペックアップとMacBook Airのデフォルト8Gが発表されましたが(笑)。

Macbook Pro ようこそ

 用途に関しては、出先でテキストを打つことは勿論のこと、撮った写真を確認出来れば良い程度。そしてサイズは13インチ。だから購入にあたっては、どのMacBookシリーズでも良かったので、ネットで使っている方の感想ブログ等を参考にして消去法で決めました。

 まず、MacBook。真っ先にこれを買おうと思っていたのですが、ポートがUSB-Cだけなのが「これもあり」という人と、「これは不便」という人に分かれていて、個人的には不便かなと「なんとなく」の感覚なんだけど、そう思って除外。一番の原因は、他のMacBookシリーズと比較して、m3プロセッサなのに販売価格が高く感じたこともあります。軽くて良いマシンなんですけどね。

 次にMacBook Air。これで決まり。メモリも8Gにすれば十分使えるとカートにまで入れておいたのですが、MacBook ProとMacBook Airで写真を比較していたブログから、明らかにAirの方が見劣りするというか、色のりがProの方が良かったので、Airも除外して最終的に残ったのがMacBook Proでした。

 持ち運びに関しても、移動手段は車しかないし、そこから徒歩と言っても数百歩程度なので重さは気になりません。後々のことを考えたら、メモリは16Gにした方が良いかなとも思ったのですが、メインでは大きな画面で見たいので、もう7年も使っているiMac×2台のリプレースの時にある程度のスペックにすればいいやと、って、サブのノート型の購入の前に、メインマシンを買い替えろとも思ったんですけどね(笑)。

Macbook Pro 2

Macbook Pro

 Macのノート型購入は何年ぶりだろうと、Apple IDの購入履歴を見たら、9年ぶりでした。そしてそれまでにはPower Book G4を3台も購入していたノート型派だったんですねぇ。そのノート型は、出先でdocomoのP-inカードを使ってモバイル通信をしていたことを思い出しました。

 今はスマホやタブレット端末、キャリアの高速通信が使えるようになって便利になりました。という感想を持つくらい「無駄に長いパソコン通信歴」は持っています。「パソコン通信」って死語じゃないかしら(笑)。