どんふぁんドットコム
2812月/15

打ち納めは鹿沼カントリー倶楽部で。

 今年の打ち納めは鹿沼カントリー倶楽部でラウンドして来ました。晴天に恵まれ、楽しくラウンド出来たことが収穫です。

 スコアの方は、途中で数えるのをやめようと思ったぐらい。とにかく風が強くて、少しでもスライスしようものなら風に乗って「ファー!」ですから(笑)。7個のボールを寄付してきました。風が強いのと寒さ、そしてボールが見にくい逆光、また、ラフを少し外れれば落ち葉でボールを探すのが面倒になってしまって、逸れたら「ワンペナでいい?」を連発。
 芝が枯れているから、カラーボールを使った方が分かりやすいと思ってオレンジを選択したのですが、一緒にラウンドした方がボールを探しに行って「あったよー!」と大声で叫んでくれたら柿の実だったというのが今日の一番のhit(笑)。

 原因は自分の打ち方が分からなくなってしまったことですかね。前日にレッスンを受けたのですが、テーマはウッド系の正しい打ち方だったのです。
 構えた位置からテークバックすると上半身が(頭が)上がり、そこから綺麗な軌道でスイングをしていたので、トップしたりダフること無くボールはストレートに飛んでいたのですが、上半身が上がった状態でアドレスに入り、頭を絶対に動かさないフォームにしていただきました。
ボールが真っ直ぐ飛ぶなら直す必要は無いとも思ったのですが、レッスンを受講する動機は「綺麗なフォーム」「基本」を覚えることで、応用が利くボールを打ちたいだったので、躊躇なく直していただきました。正面に樹木等の障害物があっても真っ直ぐ、狙ってもいないのに低い弾道になるのが嫌だったんですよね。

 「この打ち方だ!」というのを頭が覚えた状態で、翌日にラウンドしたわけですが、体に染み付いた従来の楽な打ち方が、いきなり教わった打ち方に直るはずも無く…。でも頭が覚えているので、直そうとする意識はあるのですよ。でも従来の打ち方でスコアをまとめたい気持ちも強かったんですね。
せっかく昨日教わったんだから、ラウンドレッスンのつもりでそれを徹底すると、気持ちを切り替えれば良かったんですよねぇ。

 全ては邪心です。一緒にラウンドしていれば、良いスコアを見せたいとか、前の組の学生グループの紅一点の女性のフォーム、球筋が良かったので負けられないとか、邪心にまみれたラウンドでした。

 コース及び従業員さんの接客は、★★★★でした。もう少しバンカーや池の障害物があれば良いかなと。とにかくストレートに打って行けばスコアがまとまるコースだと思いました。なお、グリーンは優しかった上に、手入れが行き届いていて★5つです。

鹿沼カントリー倶楽部2

鹿沼カントリー倶楽部

 しばらくはフォーム固めのために練習に通います。

2712月/15

最低限のゴルフマナーを。

 先般、打ち納めと足利カントリークラブの飛駒コースへ行って来ました。先月の21日に下秋間に行っているんですけど、ブログの記事としてアップしてなかったので、これが9月にゴルフを再開して3回目のラウンドです。

足利カントリー倶楽部(飛駒)

 曇りで今にも雨が降りそうでしたが、防寒対策のお陰でスイングにはほぼ影響ナシ。でも待ち時間が長かったですね。当然、前後のプレーヤーとは常に一緒。そして詰まった原因が前の組にあったのです。

 では、ここから本日のタイトルの「マナー」について一言。

 まず、前の組は4名それぞれが第一打を右へ左へチョロチョロ飛ばして、「行き先はボールに聞いてくれ」そのまんまの方々。これはいいのです。誰でも真っ直ぐ狙った所に落とす確率は低いので、お互い様ですから。ただ、その後が長いのです。とにかくボールを探す探す。見つかるまで探すんですよ。更にこの4名の方々、ゴルフ場に申請したかどうか分かりませんが、バックティーからラウンドしていました。ゴルフ場によると思いますが、バックティーから打つ組はマークがあるはずなんですけどね。それもナシ。

 遠回しに書いていますが、打球の行方を見ている限り、その程度ならレギュラーティーから打って、且つ、ボールを捨てる見極めの時間も考えてラウンドしていただけたらなぁと思いました。そしてもう少し腕を磨いてからバックティーで打つべきですよ。さすがにハーフ3時間は堪えましたもの。

 次に後ろの組。前の組から詰まっているので、当然、私たちの第一打の時には同じ場所にいます。ずーっと大声で笑って楽しくラウンドしているのはいいのですが、私たちが打つ時も笑ったり大声を張り上げたりのマイペース。これ、ゴルフをやる方なら分かると思うのですが、シーンと静まり返って集中している時に、鳥の鳴き声や枯葉のカサカサという些細な「音」でも気が散るんですよね。それが居酒屋のような雰囲気だったので、かなり集中力を削がれました。
 もう少し若ければ怒鳴り込む勢いで叱ったのですが(笑)、「事なかれ主義」な年齢になっていることと、言われなくてもゴルフをやる人なら分かりきっている「マナー」が守れない人には言っても仕方ないとスルーしました。
でも一番の要因は、騒がれようが静まり返って集中しようがボールの行方にはあまり関係なかったことかしら(笑)。だから言わなかったのかもしれません。

 周りに不快な思いをさせない、これが最低限のマナーなんですけどね。ゴルフに限らず何をするにしても。

2012月/15

クリーブランドのウェッジ購入。

 しばらくまともにファインダーを覗いていないので、ブレブレの写真でピンもどこに行ったやら、な、感じです。

 今日はゴルフのウェッジについて。
 アイアンはSRIXONのZ545をセットで購入し、AWとSWも同時に購入。AWは50°でSWが56°なのですが、仲間やプロのセットを見ると52°と58°が多いんですね。

 ゴルフは8年ぶりの再開なので、この間に色々なことが変わっていました。例えば、自分の時代のアイアンと言えば3番から9番。でも今の標準セットは5番から9番、もしくはPWまでなんですね。そして3番と4番アイアンの代わりにメインとなっているのがユーティリティ。特にこれは女子プロの使っているセットが顕著ですね。であれば、アマチュアである自分なら尚更。

 で、たまたまAWとSWが単品販売されていたので同じSRIXONで揃えたのですが、2°の違いがどのように影響するか知りたくて52°と58°を購入した次第です。

 練習ナシで23日の本番に投入するか迷っているところなのですが、ティーチングプロから「必ず90台で、欲を言えば80台でラウンドしてきてください」と言われたので、練習してから来年のラウンドで投入ですかね。

クリーブランド

クリーブランド2

クリーブランド3

クリーブランド4

クリーブランド5

1512月/15

バーコードは2度通る。

 来週は栃木でゴルフなので、動けるけど暖かいものをと、ルコックのアウターベストとネックウォーマーを某店舗で購入しました。
ピンポイントで購入したかったものは上記2点だけど、ゴルフショップに行くと色々と見て回りたくなるじゃないですか。商品を手に店内をフラフラしていると、店員さんが「お預かりします」とレジに持って行ってくれたんですね。

 手ぶらで店内をフラフラしたけど、今日はこの2点のみにしようとレジに行くと、商品が重ねて置いてありました。
 アウターベストが6,700円で、ネックウォーマーが3,500円。消費税込みで10,000円ちょいかと財布を取り出したら、「14,000円になります」と。<この正確な値段は覚えていないので端数を省いています。
あれ?そんなに高くなったか?値札を見間違えたか?と疑問に思いつつも、料金を支払ってからレシートを確認。
すると、アウターベストを2着購入していて、ネックウォーマーが入っていませんでした。つまり、アウターベストがレジのバーコードで2度通されていて、それが支払い料金として提示されていたのです。

 その場でレジを打った店員さんにレシートを見せ、「これ、ベストを2着購入したことになっているから間違っていませんか?」と告げると、「間違っているのでやり直しますね」と返答。

 いやいや、そうじゃなくて、まずは「申し訳ございません」が言葉としては先じゃないでしょうか。ま、ここで言いたいのは接客態度では無いので省略しましょう。

 今回、意外だと思ったことは、「一度バーコードで読み取った値札が再度読み取れること」なんですよ。このような2度打ち事故が起こらないように、一度読み取られたバーコードは無効になる認識だったんですけどね。身近な所では、コンビニの商品は2度打ち出来ないようになっているはずです。

 食品等の買い物をする時は、ザクッと購入してレシートを見ることは無いのですが、今後は「レシートと購入品の確認」をしなければと思った次第です。

 ゴルフクラブ以外は楽天で購入することが多いのですが、今回は店舗に行ったんですよね。勉強させられました。

ルコックアウターベスト

1312月/15

スタッドレスタイヤを装着。

 今年は車を買い換えたので、スタッドレスタイヤも新しくしました。以前のスタッドレスタイヤはまだ4,000km程度しか走行していなかったので、十分使えるものだったのですが、ホイールとタイヤのインチが異なるので新しく購入した次第です。

 車のメーターを見たら13,800km。これから3月までどのくらいの距離を乗るんでしょうか。例年通りの走行なら4,000km程度のはずなのですが、今年は仕事の移動で使うことも多々あるので伸びるかな。

スタッドレスタイヤ2

スタッドレスタイヤ

 若い頃にスキー場に通ったので、当時はチェーンとスタッドレスが必需品でした。それと車に積むキャリアもですね。スキーには行かなくなりましたが、冬は「雪が降ったら車に乗らない」では無く、僅か数回の降雪でも準備万端の状態にしておきたいものです。

 富士山を撮影するにはこれからがいい季節。そろそろカメラの手入れもしないと。

2211月/15

晩秋のゴルフ場選びは。

 11月の山間部では動いて暑さを感じた昨日、下秋間カントリークラブでラウンドしてきました。

 ドライバーのフェアウェイキープ率は9割、距離は230y前後、これを聞けばさぞかしスコアが良かったと思うでしょうが、150y前後のアイアンとパットが滅茶苦茶だったのでボチボチでした。

 クラブを変えて初めてのラウンド。そしてティーチングプロからレッスンを受けて、キレイなフォームに改造中の中でのラウンド。
ドライバーは変えたことによって(PINGのi25)合ったのか、飛距離は15yぐらい伸びているでしょうか。アイアンはSRIXONのZ545で芯に当たれば番手通りの飛距離を出すけど、少し外せばお辞儀してしまうという…。
フェースが比較的大きな初心者用のウィルソンのアイアンを使っていた時は、芯を外してもそれなりに飛んだんですけどねぇ。そこへ持ってきて改造中のフォームが固まっていないので、アイアンのミスショットは想定通り。で、当てようと元通りのフォームに戻してみたんだけど、それでもヒットする確率はかなり低かったです。なのでそもそものフォームが悪いんですね。

 今回はレッスンを受ける前から決まっていたラウンドだったので行きましたが、今年のラウンド納めとして、新しいフォームを完全に自分のモノにしてからコースに出ようと思っています。

 さて、山間部でのラウンドは景色も良く、コースの難易度も比較的高いので楽しめるのですが、場所によってはフェアウェイをキープしてもボールを見つけるのに一苦労することに気付きました。
 最初にドライバーのフェアウェイキープ率が9割と書きましたが、そのうち、4割ぐらいはボールを探すのが大変でした。ショット後にボールの行方を見ているので、だいたいこの辺に飛んでいるとカートで移動するじゃないですか。しかし、落葉樹に囲まれたコースでは、落ち葉に隠れてボールが分からなくなっちゃうのですよ。
ラウンド中に写真を撮ることはあまりしないので、その半端ない落ち葉は写していませんが、ラフには落ち葉を集めた山が所々にあり、とにかく落ち葉でコースが汚いのです。
テレビでプロゴルフの大会を見学しているギャラリーを見たことがあると思いますが、そのギャラリーがいるような場所に打ち込んだら、間違いなくボールは見つかりません。

 たまたま今日は男子プロのダンロップフェニックス最終日を放映していたので見ていたのですが、コースの周りの木は針葉樹ばかりで、落ち葉ひとつありませんでした。

 この時期の山間部のゴルフは、コース内の木が落葉樹か針葉樹か確認した方が良いと思いましたよ。葉が落ちきる1月ぐらいのラウンドなら気にしなくてもいいのですが、その頃はオフシーズンですからね。<アマチュアだからオフシーズンなんて言えないのですが(笑)。

*********************

 写真のホールは視覚と風と、などなど余計なことを考えさせられた打ち下ろしの135yショート。グリーンが小さいので、オーバーさせないように、フォローの風だから、打ち下ろしだから短めにと9番アイアンを選択したら手前の池にナイスポチャ。ここは9月のラウンド時に8番アイアンを使ったことも覚えていたので、風を考慮して9番を選択したんですけどねぇ。
同じコースで覚えているのに、天候等に左右される心理に負けたホールでした。

ショートホール

 落ち葉には苦労させられましたが、山間部で見晴らしが良く、久しぶりにリフレッシュしたラウンドでした。 

ゴルフ場から

 パターは合ってないのか、慣れなのか、打ち方に問題があるのか?今回、初めて使ったのですが、軽くて距離を合わせづらかった感じがしました。アイアンの寄せが良かったので長いパターが少なく、スコア的には救われましたが、鉛を貼ってみようかしら。

1511月/15

2015年、越谷市花田苑の紅葉情報。

 今日現在、まだまだです。部分的にほんのりと紅くなっていますが、週間天気予報を見ても昼夜の寒暖差が少ないので、見頃になるのは来週後半ぐらいかしら。

 久しぶりに太陽の光を浴びて、久しぶりにカメラを持ち出す気になりました。

花田苑

花田苑2

花田苑3

花田苑4

花田苑5

 花田苑の公式ホームページでは紅葉情報を掲載しています。こちらをクリック。