どんふぁんドットコム
306月/14

FUJIFILM X-T1購入。

 今年の1月に発売されてから気になっていたカメラを購入しました。散々購入を迷っていて、同じ値段でCanonのレンズを1本購入した方が…という方向にも行ったんだけど、FacebookのFUJIFILMギャラリーで作品を見ていたらやはり買いだなと思いまして。

X-T1

X-T1

X-T1

X-T1

 Made in JAPAN。日本製のカメラです。<最近は珍しいはず。

 購入の決め手はその発色でもあるんだけど、EOS 6Dと比較しても軽いし、レンズもそこそこ用意されていて、気軽にスナップ写真を撮るには良いこと、また、防塵防滴でマイナス10度まで耐えられるから、河口湖に冬の富士山を撮影に行っても安心です。
あとは露出補正等のダイヤル操作のレトロ感が好みかしら。

 しばらくはX-T1が相棒になってくれそうです。

156月/14

染谷花しょうぶ園にて。

 ようやく週末に晴天となったので、昨日はデジイチを持って撮影に出掛けました。雨ばかりだったのでシャッターを切れないストレスがたまっていましたからね。

 選んだ場所は「染谷花しょうぶ園」さん。花菖蒲が見頃になる6月だけ開園するそうです。

紫陽花

紫陽花2

花菖蒲

花菖蒲2

花菖蒲3

花菖蒲6

花菖蒲8

 こうやって見ると、紫陽花や花菖蒲は雨の方が季節感を出せたかもしれません。見頃は2014年6月15日前後までだと思います。(開花状況)
もう花が少し弱っているように見えましたから。

<染谷花しょうぶ園>
http://www.stib.jp/info/data/syoubu.html

 駐車場は40台ぐらい(300円)で入場料が大人500円、9時から開園なので、早い時間帯の観賞がお勧めです。<有料駐車場以外には、周りに駐車場がありません。

265月/14

ピント。

 最近、マクロ撮影した写真を後で見返すと、どこにピントが合っているか分からなくなる時があります。

きらら

 これは左側の黄色い花弁の上にピンが来ていますね。恐らく…。

 ハオルチアや花のマクロ撮影に購入したXZ-2、これ、機能を鑑みると今の価格はかなりお安くなっています。

Tagged as: , Comments Off
245月/14

EOS 6D清掃終了。

 河口湖へ行く前からEOS 6Dのファインダー内にゴミが付着していたんですね。で、恐らく自力解決は困難と判断してキヤノンの大分センター送りしました。良い機会なのでついでにEF17-40mm F4L USMも分解清掃依頼。

EOS 6D

 発送してから手元に戻って来るまでの期間は10日ほどでした。この間、休日は消耗した体力回復の時間に充てられたので、それはそれで良かったんだけど、「いま」「その瞬間」をファインダー越しに切り取る「タイミング」を逃していたのも事実です。この時期、この期間にしか撮れないものってあるじゃないですか。
他のEOS 7DやNEX-6Lだと、撮影するモチベーションが上がらなかったこともあるんですけど。

 デジタル一眼レフの良いところはレンズ交換、扱いを雑にしてはダメですね。

65月/14

被写体になって感じたこと。

 先般、河口湖へ富士山の写真を撮りに行った時に、デジタル一眼レフでは初めて自分も被写体になりました。その時に、緊張して目が泳ぐというかオドオドするような嫌な感じを受けたんですよね。瞬時に感じましたが、その理由はこれ。

EOS 6D

 写真に比較対象物を入れれば大きさが分かり易かったかもしれませんが、レンズを向けられた時に覚えた「嫌な感じ」というのはその圧迫感だったのです。
 私は滅多に写真に写る機会は無いのですが、あったとしてもコンデジやスマホのカメラで、レンズに顔を向けても「気楽に柔らかい表情」が出せていたと思います。何て言うかな、緊張感が無いというか、撮って撮ってという感じになっていたんですかね。

 これは「慣れ」かもしれないけど、デジタル一眼レフを向けられたら、そのレンズの大きさに圧迫感があって緊張したんですよ。

24-104mm

 去年、とある運動会にて甥っ子を撮影した時に、「こっち向いて」と声を掛けたらこわばった表情だったことを思い出しました。その後、競技中に写した甥っ子は生き生きとしている笑顔を捉えることが出来たので、カメラを意識させてはダメだなぁと思っていたんだけど、実際に自分が被写体になってより実感。

 「人物撮影」の機会は滅多に無いんだけど、その滅多に無い機会にうまく捉えるには、いかに自然体で被写体にレンズを向けられるか?ということなんですね。

 人物撮影において、カメラは「腕」だけでは無くて「いかに自然体の表情を引き出せるか?」という別の要素が重要ですね。

55月/14

その瞬間plus。

 このブログ、サイトを始めて今日から15年目に突入します。思い返せばあっという間の14年間でした。「いつかは」「どこかで」区切りを付け無ければなぁと思いつつも、その理由も見つからず、いっそのことサイトを立ち上げた今日がいいんじゃないかとも思ったんですね。でも、写真に魅力を感じて上手くなりたいと5年。まだまだです。
 サイトを立ち上げた当初と、方向性は全く異なってきているけど、それは時間の経過と共に年齢を重ねているので当然のこと。それが「写真」です。

 ナゼ写真を撮るのか?と言えば、その瞬間を切り取りたい、残したいからです。したがって今後は、そこに写真だけでは伝えられない感受性の部分をplusして伝えていければなぁと思っています。そう思ったら「タイトルを替えればいいじゃん」という単純な発想で、

どんふぁんドットコムを改め、

その瞬間plus

にしました。

 15年目を迎えてタイトルを新たにスタートしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 ホントはアメブロにでも引っ越そうかと思ったんだけど、このドメインで覚えてくれている方がまだいらっしゃるので、当面はここでお会いしましょう。

45月/14

河口湖から富士山を。

 本格的に写真を始めてから5年目。ぼんやりと「富士山を撮りたいなぁ」という想いはあったんだけど、キッカケが無くて実行にうつしていませんでした。しかし本日、キッカケは「行こう!」と決断するだけで、河口湖から望む撮影スポットを調べて中央道へ。

 富士山の撮影スポットはネットを検索すればたくさんhitしますが、「条件の合う日」というのはなかなか無いと思うんですよ。休日・晴天・雲が出ていない、この三点セットが富士山を撮影する条件だと思うのです。

 河口湖ICを降りて富士山が視界に入ると、雲が無く「条件は揃った」と思ったのですが、大石公園に到着すると雲がかかっていました。んー。

富士山2

富士山3

富士山5

富士山4

 約1時間待った時、山頂から雲が切れました。

富士山

 なんでしょう、この爽快感は。大石公園から見た富士山は雄大で魅かれるものがありました。ただ、少し残念なのが「その雄大さ」を写真で伝えられていないんですね。こんな感じじゃなかったんだけどなぁ。大きくて迫力があって、今まで感じたことの無い魅力がそこにはあるのですが。

 私の被写体、そして大石公園は撮影ポイントに追加です。