どんふぁんドットコム
2412月/10

Fender JAPAN ST62-TXとVOX VT20+購入。

 先月、レスポールのゴールドトップを購入したばかりですが、どうしてもハイポジションが弾きにくかったこと、Webで「ポチッ」としたことから「音」が気に入らなかったんですね。「試奏しないで購入するとこういうデメリットがあります」というものにモロぶつかったんです。リペアに出して色々と調整してもらったんだけど、改造にあたるピックアップの交換をするならオリジナルのまま下取りに出した方が得策、ということで、モッキンバード・レスポールを下取りに出してFender JAPANのストラトを購入しました。片道33km(ナビ上)を2往復×3回通って試奏して選んだ1本なので満足度120%です。(今回はボディがアルダーであることに拘ったのでこいつになった)

BODY: ALDER
NECK: MAPLE OVAL TYPE, 324 SCALE
FRETBOARD: ROSEWOOD, 184R, 21F
NUT WIDTH: 42mm
PICKUPS: TEXAS SPECIAL (U.S.A.) X 3
CONTROLS & SWITCH: 1VOL, 2TONE, 5WAY SW
BRIDGE: DIECAST BLOCK S5D VINTAGE

Fender JAPAN

Fender JAPAN

Fender JAPAN

Fender JAPAN

 モッキンバードもレスポールも「通販」だったけど、やはり試奏で「音」や「ネックの状態」を見るのは重要だなぁと思った次第です。分かってはいたけど、今時の通販ならそう外すことも無いだろうと思っていたんですよ。でも「アソコの店」は外したなぁ。レスポールのネックは順反りと逆反りがあって、いわゆる「ねじれ」ていたのです。即交換してもらったけど、こんなネックを見たらそのギターは買わんから。(ネックのねじれや反りは調整出来ますが)

 当面はオリジナルのまま弾き込んで、Fender USA製のテキサススペシャルピックアップが鳴り出すのを待ってみます。何年かかるか数ヶ月か分からんけども。余程の拘りが無ければオリジナルのままでいいんですけどね。拘りが出て来たら、オレの性格上他のギターを物色しそうだし。

 今まではスタジオで音を出していたんだけど、借りることを考えたらアンプが買えちゃうということで今回はVOXの真空管アンプも購入。アンプと言ったらFenderやMarshallだと思うんだけど、「真空管」が欲しかったのでビートルズが好きな方は知っているVOXのアンプにしました。これ、この価格でいいんだろうか?というくらい良いアンプです。VOXはここまでやったか!みたいな。自宅練習用ではパワーが有り余りますよ。(参考:ここを読んで)

VOX真空管アンプ

VOX真空管アンプ

 で、X JAPANのコピーも一段落したので、流行からかなり遅いんだけどCanon Rockをコピーしようとタブ譜と音源をマシンに入れて練習中。これ、2005年に流行ったそうです。(オレ5年遅れ、笑) この人の演奏にたくさんのアクセスがあったんですって↓(2008年の音源)


http://www.youtube.com/watch?v=J35YpRU4AYI&feature=related

1112月/10

iMacスペックアップ。

 今までの環境はメインで使っているiMac 20inch(2009 2G)がOS10.5.8→ドライブが壊れてしまった→修理するんだったら整備済み品を購入した方がいい→セカンドマシンとしてiMac 21.5inch(2009 4G)10.6.5と、2台体制です。3,300円で10.6を購入してもドライブが壊れているからインストール出来ないし、Web閲覧とメール受信、写真管理、音楽を聴く程度ならこのままでいいやというところだったんですね。この両方のマシンでひとつだけ違いが出るとしたら、サブで使っている方ではCyberduckがキビキビ動くのに対して、メインで使うとモッサリしていた程度かなぁ。

 とあるキッカケで、いや間違えたんですけども、ドライブが壊れていたはずのメインマシンにDVDを突っ込んでしまったんですよ。したらウィィィィィ〜ンと動き出してディスクトップにDVDが表示され、映像が流れ出しました。壊れてないじゃん。いや、秋頃は確かに読み込まなかったんです。動いてればいいやとこちら。

10.6.5

 OSを10.6.5にしてメモリも今までの2Gから4Gへ。サクサクですよー。メモリを購入するためにAmazonをさまよってたら、レビューを読んでポチッとして違うメモリ(しかも値段の高いBUFFALO)を購入して無駄な出費をしてしまったけどな(笑)。クッソー、しっかりレビューを読むのもいいけど「調べる」っつーことをしなかったからなぁ。レビューが間違っていることは無いと思うんだけど、うちのマシンには適合しなかったんだわ。ということで、iMac 20inch(2009)に合うメモリはこちらです。

モジュール規格:PC3 8500、チップ規格:DDR3 1066、ピン数:204ピン

 メモリと言ったらAmazonよりも上海問屋でしょう。それもAmazonで間違えて購入してから気付いたのです(笑)。チップ規格がDDR2というのを購入してしまったんですよ。あー、失敗。こういうのは本当に無駄な出費だと思えるのですよ。なぜか。(飲んで2万の出費は何とも思わないけど)

 こう快適な環境になるとメインマシンに対する愛情が強くなるんですねぇ、不思議と。そしてAppleショップが入った近所の某量販店でマウスも購入。エレコムのマウスを使っていたんだけど、自分的にはあまり評判がよろしくなくてもワイヤレスじゃないApple Mouseが使い易いのです。エレコムのマウスも値段の割には使い易かったんですけどね。>約1,800円ぐらいだった。

Apple

 で、これもドライブが壊れたという前提で購入してしまったBUFFALOのドライブ。Windows用だけど、付属しているアプリが使えないだけでMacでも動きますよ。ディスクの取り出しはつまんでゴミ箱へ放り込めばいいだけ。

BUFFALO

 ネットで調べても修理屋さんに聞いても、Intel iMacのドライブは壊れ易いから修理するよりも外付けを買って使った方がいいとのことだったので、こいつは無駄な出費ではないかな。それよりもこの値段でお買い得だと思うんだけど。いやー、快適なマシン環境が出来たわ。
(参考:Appleでドライブ交換すると49,350円)

 外付けドライブはこれ。

2711月/10

Limited Edition 1957 Les Paul Goldtop購入。

 手軽に持てるというか、座って楽に弾けるストラトが欲しいなぁとしばらく悩んでいたわけですが、衝動的にレスポールをポチッとしてしまいました。去年の12月に購入し、Twitterのアイコンにしているモッキンバードは座って弾くには辛かったのです。というのが理由。本当に必要だったのだろうか(笑)。<おいおい。

 ストラトが欲しかった理由というのは「座って弾ける」だったので、レスポールでも全く問題無いんだけどギターそのもの自体が違うんですよね。ネックもそうだし音もそう。やはりいつも聴いていて見ていて影響されてレスポールを選んだのかしら。モッキンバードの時もそうだったから。ということでこちら。

 X JAPANの影響なんですよ。(彼らがいい歳になってからの)
HIDEがモッキンバード、PATAがレスポールを使っているんです。
 
 …何て単純なんだ、オレは。
でもそれ以外に、最近はアマチュアを含むミュージシャンがゴールドのレスポールを使っているところを見たことが無かったんです。学生さんは「見た目」の格好良さでVとかエクスプローラーとか、又は「けいおん」の影響でレスポールのチェリーサンバーストじゃないですか。(けいおんって今日知ったんですけども(笑))
 昔はゴールドトップのレスポールが流行ってたのか、格好良かった記憶があるんですよね。なもんでオレの年代は、又は「オレは」レスポールと言ったらゴールドトップなのです。たぶん。

Limited Edition 1957 Les Paul Goldtop

↑これが本日到着のレスポール

Mocking bird

↑去年購入したモッキンバード

 全ては自己満足なんだけど、それが「持っている」ことにならないように弾かなきゃいかんな(笑)。

1910月/10

どんふぁんウェブ庭園wp。

 ブログにはカテゴリがあるのに、わざわざ植物専用の(多肉植物中心)ディレクトリを設けてブログを開設するのもどうかと思ったけど3年も続いているのです。熱し易く冷め易い自分にとっては珍しいこと。なのでここの更新が無くても、タイトルのところ、

どんふぁんウェブ庭園wp
http://www.donfuan.com/green/

こっちも覗いて見てください。という宣伝です。

 ま、この界隈も色々な人がいて楽しいんだけど、人見知りで気が弱いからWebの片隅で細々とやってます。

夏越ししたシクラメン

 この写真は特に意味が無いけど、去年のシクラメンを夏越しさせたらこの秋に新芽が出て来たんですよ。これは球根植物なんですね。知ったのは昨日ですけども(笑)。

 短期的に見ても植物の変化やその不思議な魅力は伝わらないかもしれないけど、長期的に見るとその生長具合は面白いものです。

110月/10

電源OFF・圏外時着信お知らせサービス

 個人的都合というか何っつーか、「絶対にdocomoの携帯を使わなければならない」ということで17年間も継続利用しているので、新サービスが開始されると必ず興味を持つんですね。なのに知らなかったことがあったんですよ。まだ知らない人がいて需要があると思ったので記事にします。

 他社の携帯電話では「無料で」サービスされていて、docomoが「有料の」ネットワークサービスを利用していたのがタイトルの電源OFF・圏外時着信お知らせサービスというもの。自分の知っている範囲で簡単に。

 携帯電話の電源OFF又は圏外になっている時に着信があると、

auは電源ON又は圏内エリアに入ったら「どの電話番号から着信があった」ということを無料でお知らせしてくれるのです。しかしdocomoは、留守番電話サービス(税込み315円有料オプション)を契約していないとお知らせしてくれなかったんですね。んがぁ、平成22年5月20日から留守番電話サービスを契約しなくても着信を教えてくれる「電源OFF・圏外時着信お知らせサービス」が始まっていたのですよっ。

電源OFF・圏外時着信お知らせサービス

ドコモ、電源OFFや圏外の着信をSMSで通知

 オレはこのため「だけ」に留守番電話サービスを契約していたんですけど…。(留守電に吹き込まれるとウザいからキライ)
 docomoは契約者にアナウンスしていたのかなぁ?オレが見落としていただけなのかなぁ?

 ということで、「着信お知らせサービスのためだけ」に留守番電話サービスを契約していた方は解約してもOKです。 

279月/10

iPhone 3Gをドナドナ。

 iPhone 4を入手してから「ほとんど使ってないのにもったいない」と仕舞い込んでいたiPhone 3G(16GB WH)。近所に携帯電話も扱うリサイクルショップがあるので、そこで買い取ってもらえればという軽い気持ちで行って来ました。

 「端末を調べるために少し時間がかかる」と言われ、待ち時間に店内をウロウロしてみたんだけどリサイクルショップって飽きないですね。逆に欲しいものがたくさんありましたよ。

 約15分で呼び出され、「さて、いくらになるかなぁ?」と楽しみにカウンターに座ったら店員さんに

「これ、使い方が分からないんですけど…」

オレ:「…iPhoneは知ってますよねぇ?」
店員:「名前は知ってるんですけど触ったことが無いんです」

 端末はキレイにリセットされていて、SoftBankショップに持ち込めばSIMカードを「ここに挿して」使えるようになることを告げると

店員:「買い取りは6,000円でもいいですか?」

 2年前の端末だし、もったいないから買い取ってもらえればの感覚だったので即OKしました。っつーか、このリサイクルショップの外の看板には「携帯電話端末もOK!」とiPhoneの写真が出てるんですよ。

iPhone 3Gドナドナ

 外装のキズは全く無し、電池も充分、「使えればいい」という方にはいい商品になるんじゃないかと。ただし、6,000円で買い取ったんだから1万円以下で販売してくれれば、です。
 商品ケースに並んだ頃に値段を見て来ようかしら。<いやらしいからやめれ(笑)。

 事前に調べる事をせず、思い付きで行ったのでこんなもんですけど、これからiPhoneを買い取りに出す方はソフ○ップがお勧めかなぁ。
 ちなみにこのiPhone 3Gをソ○マップで買い取ってもらったら上限価格OKだったと思います。その金額はこちら。(2010年9月27日現在)そしてその差にビックリしたわー。倍以上違うんですもの。
 事前調査は大切です。

Tagged as: Comments Off
189月/10

マウスパッドを新調した。

 iMacが一時的に1台増えたので、マウスパッドが必要だなぁとコ○マ電機に行って来ました。

 今までマウスパッドにこだわったことは無く、自宅で使っていたのはMac OS Xのロゴが入ったもので、某ショップでいただいた展示品。そして会社ではどこかのプロバイダのロゴが入ったペラペラのものだったんですよ。要するに「マウスの下敷きになるものがあれば何でも良い」という感じです。

 マウスパッドについては「下敷き」程度の考えだったので、マウスパッドのコーナーに行って色々な商品があることにビックリですよ。<世間知らず。

 その色々な商品の中から選択したのがこちら。

ERECOM マウスパッド

 ERECOMのCOMFYという「手首の疲労を軽減する」を売りにしていたマウスパッドです。パソコンを10年以上使っているけど、マウスを使って手首が疲れたと感じたことは無いんですけどね。

ERECOM マウスパッド

 使用感としては、慣れの問題かもしれないけど硬質プレートなのでマウスが滑り易い。良く言えば「スムーズ」なんだけど、イマイチ「ピタッ」と来る落ち着き感が無いのです。そして手前から奥に向かって斜めになっているので、大げさに言えば「滑り落ちそう」という感じ。売りである「手首疲労軽減」のリストレストがあるから余計そう感じるんです。(写真の角度参照)
ただ、マウスパッドの裏側は吸着するのでマウスが滑り易くてもマウスパッドは絶対に動かないです。これは良い点。
 今のマウスパッドってみんなこんな感じなのかしら。

ERECOM マウスパッド

 このリストレストに手首が乗るんだけど邪魔だなぁ。いや、これも「慣れ」ですか。

 帰宅してAmazonで調べたらコジ○電機より500円以上安いじゃないですかー(笑)。このAmazon価格なら試して失敗しても許せる範囲でしょう。

 むぅ〜、「慣れ」だろうなぁ。