どんふぁんドットコム
3112月/12

2012回顧。

 今年を振り返ってみると、やれ携帯電話だスマホだと使い方を考えずに飛びついて(強制的に買わされた部分もあります(笑))、無駄遣いしていたなぁというのが実感。もっと有効的なデジモノを購入出来たんじゃないかと後悔しております。

 一発目は年明け早々のGALAXY S2 LTE。この時のiPhone 4Sはauでした。(1台目)

iPhone 4SとGALAXY S2 LTE

 docomoのXiは、有料オプションで「docomoへの携帯に掛ける場合のみ」に掛け放題になるんだけど、固定電話や他社携帯に掛けた時は通話料金が割高になるので戻したんですね。

N-03D

 右側のN-03Dの携帯電話に戻したのが1月15日。(2台目)

GALAXY S II LTE SC-03D

これが後で「この日に契約したモノは縁起が悪い」というジンクスを思い出し、1月29日にはGALAXY S II LTE SC-03Dになっていたという…(笑)。(3台目)

 1月で既に3台の買い替えですよ。買い替えたブツは全て某ソフマップで買い取ってもらったので、大きな痛手とはなら…なくもなかったです。

N-03D

 そもそもこの時に何でスマホにしたのか思い出せないんだけど、電池保ちの悪さや通話料金、通話とメールしか使わないのに高額なパケ放題はいらないじゃんとまたまたガラケーN-03Dに戻したのが2月19日。(4台目)

EOS 7D

 ちょっと携帯を中断して、有効的だったのは、桜満開直前にNikonのD90の故障が発覚し、以前から気になっていたCanonに鞍替え。未だに使われてしまっている感は否めませんが(笑)、こいつは良い買い物でした。3月28日。

iPhone 4S

 やっぱりauよりSoftbankの方が良いんじゃないかと思えた4月20日。auを解約してSoftbankで新規契約しました。このiPhone 4Sは右がSoftbank。(5台目)

DSC-RX100

 今年一番の良かったと思える買い物はDSC-RX100。デジカメ類は発売当初に手を出さず、値下がりした頃合いを見て購入していたけど、これだけは即飛びつきました。日頃から持ち歩いて「撮る」という欲求を生んだのもこのデジカメのお陰です。

 写真は割愛するけど、この時期は「クールビズ」が始まるというので合う「靴」を探して買いまくりました。結局、去年購入した靴を履き通し、今年購入した靴は仕舞ったままでした(笑)。それをいまプライベートで履いていますけどね。だって、夏に「冬用の靴」を購入していたんですもの(笑)。

XPERIA SX

 そろそろ話を戻して、戻せるところが今年のおばかさん加減を出しているんだけど、夏に「このサイズだっ!」というdocomoのスマホ、XPERIA SXに買い替えました。iPhone 4Sに馴染んでいたので、サイズ的にこれはどうか?と1ヶ月ぐらい悩み、最後の最後は「商品が無くなります。入手困難です」の文句に煽られて購入。8月29日。(6台目)

 もうここまで来ると笑えないんですが、このXPERIA SXが使い易いか?と言われると、使い易いけど、機能面(カメラ)とパケ放題の料金面に不満があるかなぁ。えっと、未だにメールしか使ってませんの(笑)。

 とまぁ、こんな感じで携帯とスマホにはむだづか…、いや、まだあったんだわ(笑)。<おい。

N-03D

 もうね、ここまで来ると「ちょっとは頭を使えや」となるわけでして、SoftbankのiPhone 4SをMNPで一旦docomoの携帯へ。9月27日。(7台目)MNPのお陰で、機器代金、解約手数料はほぼゼロ円で済みました。これがどこへ行くかというと…。

iPhone 5とXPERIA SX

 MNPでauのiPhone 5へ移りました。10月21日。(8台目)これもMNPを使ったお陰で、割引額が月々3,800円ぐらいかな。今の維持費は通話料金を除いて3,200円程度です。

 ようやく携帯電話の無駄な話が終わったわ。月々のコストを考えたり、電池保ちについて「イザという時に」などを考えたりして、あっちフラフラこっちフラフラ的なところがあったように思います。それにしても振り返ると無駄遣いですよね。こういうことはやめましょう。
 良かったですよ、その都度写真に残しておいたので、こうやって「後悔すること」が出来ましたから。一度後悔したらもうやらない…はずです。

***************************

 ここ2〜3年は仕事のことを一切書かず、「登山に目覚めた写真を撮る天才ネットワーククリエイター」ということでやっているんだけど、仕事(オン)と余暇(オフ)の切り替えスイッチがこのブログや写真、年末に目覚めた登山なのです。
飲みに行って仕事の話をするかというと、「したいけど意識してしていない」んですよ。復興支援前のことは話したかもしれないけど、それはオレ自身が興奮していて、「今の状況を伝える」という想いがあったからですね。
今では飲みに行っても意識して下ネタですよ(笑)。

 誰でもそうだけど、仕事(オン)の時はものすごくエネルギーを使うでしょ。で、このエネルギーを充電するために休日に休んでいたらダメなんですって。もちろん体調と相談しながらだけど、意識的に「遊びに行く」「気分転換する」ことが大切だそうです。簡単に「気分転換」と使うけど、この「気分転換」というのは難しいですよ。だからブログをやるしカメラもやる、そして飲みに行けば下ネタも話す。別の見方をすれば教養が無いのかもしれませんが(笑)。

 1年1年が早く感じるようになって数年。特に何を変えたいというわけでは無いけど、何かを「変えなきゃいけない」という意識は強く持っています。続きは明日(笑)。

 武甲山から見る浅間山。来年は登山に力を入れますよ。

武甲山から見る浅間山

215月/12

N-03D短評。

 docomoの夏モデルはスマホだけっつーことで、オレのように「携帯電話」として「通話」をメインにサポート的に「メール」を使っている方へのお勧めモデルがこのN-03D。(2011ー2012冬春モデル、発売中)

 値段的にもdocomoオンラインでまぁまぁの価格(25,200円だったかな?)と手頃で防水・防塵。

●重さ:120g
●連続待受時間:約800時間
●連続通話時間:270時間
●カメラ:810万画素
●ワンセグ放送

 通話とメールを主に使う携帯電話として、これだけの機能があれば充分でしょう。この機種の特徴は、電池が長持ちということ。<あくまでもオレ個人の感覚。

N-03D

N-03D

 防水・防塵なので、キータッチがこのようにのっぺりとしていて、良い意味では「滑らか」だけど、女子高生のように高速タッチをするとキータッチに文字入力速度が追いついて来ないかもしれないです。

 お勧めのカラーはホワイト。ブラックだと指紋がベタベタと目立って、見た目があまりよろしく無いかもしれません。

 発売からかなり時間が経過しての短評だけど、ユニークアクセスの多くが「N-03D」「スマホから携帯に戻す」がキーワードだったので、「この携帯電話は電池の持ちが良くてお勧めですよ」と残しておきます。(これはオレ個人的な感想であって、購入にあたっては自己責任でお願いします。)

192月/12

携帯電話に戻す。

 おいおいおいって感じですが、スマートフォンでは不都合が出たのでまた携帯電話に戻しました。せっかくGALAXY S II LTE SC-03Dの使い勝手が理解出来て、ランニングコスト以外は満足する域に入っていたのですが、spモードに対応していないモノを使わなきゃならなかったのですよ。i-mode対応で作られていて、spモード(ここではspメールを指します)に非対応だったというお粗末さ。

N-03D

 先月後半から約1ヶ月でスマホ×2台・携帯×2台と大出費でしたが、某オクのおかげで負担は軽く済みました。

 スマホXiから買い替えずに携帯電話を使う方法もあったんだけど、オレ的にはXiの必要性を感じなかったこと、絶対に変えたくないメールアドレスの後々のことを考えたら変更した方が良いと判断しました。

 まず、スマホXiに契約変更した時、オレはi-modeを切ってspモードに変更しました。二重契約しても使わないだろうから、メールアドレスもspモードへ変更しちゃえばいいやと思ったんですね。で、このままFOMAで使うとなると、新たにi-modeを契約して、i-mode用のメールアドレスを付与されなければなりません。これをスマホXiで「メールアドレスの入れ替え」を行い、spモードに移行したメールアドレスをFOMAで使えるようになるんだけど、変更したくないメールアドレスの基本契約がspモードになってしまっているのです。ようはスマホ契約を続けない限り、変更したくないメールアドレスを使い続けられないのですよ。

<現状、スマホXi契約>
変えたく無い@docomo.ne.jp(spモードメール)

<変更後、i-mode追加>
新たに付与された@docomo.ne.jp(i-modeメール)
変えたく無い@docomo.ne.jp(spモードメール)

 ↑上記を入れ替えて、スマホの継続契約前提で「変えたく無い@docomo.ne.jp」がFOMAで使い続けられるのです。逆に、上記手続きをしてしまった後に、スマホを解約すると「変えたく無い@docomo.ne.jp」も解約されてしまいます。スマホとspモードが紐付いていますからね。

 このようなことから、スマホを解約して携帯電話に戻し、i-modeに「変えたく無い@docomo.ne.jp」メールを紐付けしたのです。現状、まだdocomoの基本はi-modeですからね。

 いやー、でもスッキリしたわ。大人の事情さえ覆したspモード非対応(笑)。まぁ、スマホはiphone 4Sがあるから不便していないです。ランニングコストもauの方が断然安いんですもの。

***************************

 チューリップを購入しました。毎年、11月頃に球根を植えていたのですが、去年は忘れちゃったんですよね。なもんでホームセンターでもう芽が出ているやつを購入し、太陽の当たるところへ置いて、「んー、もう少し、あと6週間我慢すれば春になるぞ」と。

チューリップ

211月/12

適正価格。

 携帯各キャリアがスマートフォンに対して「実質価格○○円!」というのをやっているでしょ。例えば、販売価格が50,000円でも月々1,000円づつ2年間はサポート(返金)するから実質の端末価格は26,000円だよ、みたいな。このからくりは「パケット定額制プランを2年間使わせる」ということでいいのかしら。
 端末価格としたら、電話・メール・Web閲覧が出来て写真も撮れて50,000円というのは機能面からすれば安いと思うんだけど、ランニングコストとして電話の基本料金にパケット定額料があるでしょ。

 docomoで例えると、パケホーダイフラットが5,460円。使っても使わなくても使い過ぎても5,460円を高いと考えるか安いと考えるか?ちなみにNTT東日本のフレッツ光の基本料金も5,460円です。

 話を最初に戻して、パケット定額5,460円を2年間使うと、5,460円×24ヶ月=131,040円。1契約につき、これが必ず収入源になるとしたら大きいじゃないですか。それ以外に携帯基本料金プラス、変動するけど通話料金が入って来るんですよ。スマートフォンをゼロ円でばらまいたっていいんじゃないの?
 そう考えた時、月々サポートとして各キャリアが端末代金を負担しても収入源が確保出来て経営が成り立つんだから、パケット定額基本料金って高いんじゃないのかと思う訳です。
 明細に「あなたはパケット定額制を利用していなければ○○百万円を支払わなければならなかったんですよ。でも定額制のおかげで5,460円で済んでいるんです。どうです?ありがたいでしょう。オホホホホッ」みたいなのが記載されているけど、あれもどうなんだかなぁ?

 どこのキャリアでもARPUが収入源というのは理解出来るけど、それが顧客側にとって適正価格なのかどうか?というのが不明確なのです。国際的に見れば高いと思うんですけどね。と、風邪で38度の熱が出ている中で考えてしまいました。(インフルエンザでは無かったです)

910月/11

携帯電話の用途をまとめる。

 昨日、auショップに行ってiPhone 4Sを予約して来たんだけど、本当に必要なキャリアと用途は何なのかなぁと考えました。職場への携帯電話持ち込み禁止等から、現状の契約ではかなり無駄になっているんじゃないかなぁと思って。てか、無駄。

docomo→これはメイン。かれこれ18年も使っているので、番号やメアドを変えたりすると先方が不便。

au→一部の通話メイン友達とガンガントーク(指定通話定額)を契約して通話のみで利用中。

SoftBank→iPhone 4を契約中。用途はiPhoneを持つため。

 まず、全く使っていないのがiPhone。これで定額料金4,410円を支払い続けるのは無駄でしょう。docomoも段階的なパケホに入っているけど、ほとんどサイトやTwitterを見る事が無いのでパケ代は月に1,000円前後。(auは通話メインなのでWeb契約ナシ)
 だけど何かあった時にはiPhoneって便利だよなぁと手放せないのです。では、どのような端末を持ってどのような契約をするのがコストメリットが出て効率的な使い方が出来るのか?

 まず、auに関してはそのまま最低基本料+ガンガントーク(指定通話定額)のみで月々約1,500円。ガンガントークでは毎月3万円〜4万円通話をしているので、かなり費用削減出来ているんですね。

 次にSoftBankのiPhone。これはほとんど使っていないのです。無駄な費用。でもスマートフォンも便利だし…。

 そしてdocomo。これは絶対に解約する事が出来ないこと、電話番号やメアドが「オレそのもの」なので現状維持。

***************************

 こうやって書き出してみると費用的に無駄なのはiPhoneのパケ定額料金というのがハッキリ分かるんだけど、これがauに移行しても同じことなんですね。持ち歩く端末が1台減るというだけで。docomoでもパケ使ってauかSoftBankでパケ使ってダブるでしょう。ということは、docomoからiPhoneが出てくれればある程度解決してくれるんだけど、そもそもあまり使っていないiPhoneに拘る理由があるのかなって。スマートフォンが1台あればそれでいいんじゃね?的な考え方になってきたのですよ。

<現状の定額パケ>

docomo→パケホ
SoftBank→パケホ
au→ナシ

<iPhoneに拘らないでスマートフォンにすれば…>

docomo→パケホでスマートフォン
SoftBank→解約
au→通話のみ

 メインで使っているdocomoをスマートフォンにすれば、iPhone以上に活用するんじゃないかということ、パケホを2台に契約しなくて済むこと、端末も2台で済むことと、理想に近いんじゃないかなぁ。一番の理想は、docomoでスマートフォンを使って、指定携帯電話番号への通話料金が無料になることなんですけどね。<絶対に無いと思いまふ。

 さて、auにクレジットカード番号を提供してiPhone 4Sを事前予約したのはいいけど、どうしましょうかねぇ。自分の中では答えが出ているんだけど、スパッと決断出来ないのですなぁ。それが使っていなくてもiPhoneの魅力なのかしら?

208月/11

キャリア追加契約の結果。

 今年の5月に「よく話す相手との通話料金を抑える目的」でauを契約したんだけど、その結果、2千円ちょいの基本料金で約1万6千円分も通話が出来ていたことを知りました。

携帯明細(au)

 auの割引サービスにある「指定通話定額」を契約すると、au同士3番号まで登録出来てその通話料金はどれだけ話しても定額の390円。携帯が2台というのも面倒だけど、お互いに1万数千円の通信費削減が出来るならいいんじゃないかしら。
 今までdocomoに支払っていた3万円近い料金は6千円ちょいに落ちて、auが2千円ちょい、携帯の支払い料金が合計8千円ちょいまで落ちました。
 相手に頼る部分もあるんだけど、キャリアに拘らなければauで通信費用は大幅に削減出来ますね。

 あとはdocomoのスマートフォンに乗り換えればこいつをバッサリ切れるんだけど、iPhoneは持っていたいんですよねぇ。っつーか、どうすれば400万パケも使うんだ?<実感ナシ。

携帯明細(Softbank)

165月/11

キャリア追加契約。

 携帯電話はほとんど使っていないと土曜日に書いたばかりですが、「不在着信があれば折り返し電話を掛ける」のですよ。だから自分では使っていない(タイムリーに受けれないから受けていない)感覚だったけど、発信はしていたんですね。用件は重要なことからつまらないことまで話して、docomoだけで毎月2万円前後支払っているんです。そしてiPhone 4は置物(笑)みたいな感じなので数千円の支払い。<前回書いたように、使い道が無い環境に置かれているので。

 仕事というかプライベートというか、まぁ、電話で話す某企業の店長が2人いるんだけどキャリアはau。ってことは、オレもauを契約してオプションで「指定通話定額(月額390円)」を契約すれば通信費を削減出来るんじゃね?ってことで大雑把に計算したら、キャリアを追加するだけでお互いに1万数千円の通信費削減。おぉ、これは契約して使い分けるべきだと、auの携帯電話を契約して来ました。(本音はお付き合いの契約(笑))

T005

 このように3台となっても、docomoはSSプランの980円(通話料ほぼ無し)auもSSプランの980円+指定通話定額390円(指定番号へ掛けまくり)、iPhone 4はウェブ専用と使い分ければ、使い道も出て来るし費用も安くなるのです。
 前回に書いた「キャリアをまとめる」という意味では、iPhone 4を解約してdocomoのスマーオフォンに変更すれば、想定されるであろう使い方と費用面で効果的じゃないかと。ちとdocomoだけは契約していないと不都合があるので、どうしても残さなきゃならんキャリアなのですよ。

T005

 複数の携帯端末を持つのは面倒だけど、会社関係の通信を遮断して音信不通にしたい時は便利そうですね(笑)。<おい。

1 / 212