どんふぁんドットコム
46月/16

ウッド系を買い替える(JGRへ)。

 これは従来使用していたPINGのi25。シャフトはSで重さはもう忘れてしまったけど、打った時の音がゴツッという感じでした。でも真っ直ぐ飛んでいたので、まぁこんなものかと思っていましたが、たまたま空き時間に某店で測定していただいたところ、「重くないですか?」と聞かれ、「お客様のスイングならもう少し飛距離が出ますよ」と言われたので、試打クラブで試したら、飛距離が20Yも伸びたので買い替えを決意しました。

PING

 購入したのはブリジストンのJGRシリーズ。試打クラブはブリジストンとキャロウェイ、タイトリスト915D2でシャフトはRとSR。どれも似たような感じだったんだけど、一番シックリきたのがブリジストンだったんですね。ただ、イエローが派手なので、最後の最後までタイトリストと迷いました。でも、4UTまで揃えるのであればブリジストン。(タイトリストは4UTで自分に合うシャフトが無かった)

 散々迷った結果、結論としては「見栄えも大切だけど、ゴルフは上がってなんぼ」でした。

ドライバー

 店員さん曰く、i25のシャフトSでは「シャフトのしなりを活かしきれていない」とのことで、自分でもラウンドの後半になると疲れてドライバーやその他のウッド系が全くいうことを効かなくなっていたので、そうかもなぁとその気にさせられ(笑)。でも事実だったんですけどね。

PING シャフトS→HS37m/s 飛距離200Y〜210Y
JGR シャフトSR→HS43m/s 飛距離230Y〜240Y(しかも楽に振れる)

 こんなに違うんですもの。今はレッスンを中断しているのですが、指導いただいているティーチングプロからは、「スイングを身体に覚えこませてからクラブのことを考えろ」と言われていたんですね。
そうでもないかも。クラブ選択も大切ですよね。

ウッド

ウッド系

練習場

 早速、練習場へ行って「3ヶ月ぶりに」スイングしたら気持ち良く振れました。ボールも軽く乗って真っ直ぐ飛んでいたので、これなら買い替えて良かったと納得するとともに、アイアンもシャフトS(Z545)ではなくて、カーボンのSR、スチールのRに買い替えようと思っています。ゴルフで一番使うのはアイアンですからね。
 狙ったところに落とせる易しいアイアンはないものかしら。<それがあれば誰も苦労しない(笑)。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村

Comments (0) Trackbacks (0)

Sorry, the comment form is closed at this time.

No trackbacks yet.