皆川城カントリークラブでラウンド。

 去年の11月に痛めた右手首が未だに治らず、庇って打っているうちに右肘まで痛くなってどーにもならないです。病院では治るまでゴルフは控えた方がと言われましたが、梅雨入り前のこの時期に行かなければ涼しくなる秋まで行けなくなってしまうので5月29日に皆川城カントリークラブでラウンドして着ました。スコアは相変わらず安定の105。

 さて、その前に注文していたエキップスターの3Wがようやく出来上がりました。シャフトはFUBUKI V50で合うか合わないか分からなかったけど、このシャフトで試打した時に素直さを感じたので作っていただいたんですけども。

エピックスター

 そしていつも打ち切れなくてショートするパターは、某ショップ店員さんのお勧め、オデッセイのオーワークスをチョイス。これで、あと数打で100が切れるお助けになればと思ったのですが、良い感じで来ていてラスト2ホールのドライバーOB×3発が痛かったです。

オデッセイ

オーワークス

パター

 天気も良く、あまり混んでいないようだったのでスイスイまわって前半は1時間50分。自分なりにパターも打ち切れていて、ショートすることは無かったので、これはいよいよ100を切れるぞと後半に挑んだのですが、出だしから3組待ち。その後も各ホールで必ず待つ時間があり、3時間もかかりました。「待つ時間」が出来るとペースが乱れるというよりも、身体がダルくなって来てしまうんですよね。冬場なら震え上がってしまいます。

 でも原因はラスト2ホールでのドライバーOB×3発。原因は色々あると思うのですが、その一つに「クラウン」へ長い擦り傷がついてしまって、そこに目が行くから感覚的に中心部がずれてしまっていたのです。どうしてドライバーのクラウンに線の長い傷がついたかというと、この日に限って後半は3Wと5Wを使った後に、カバーをかけずラウンドしていたんですね。で、ガタガタのカート道でクラブがポンポン跳ねて、3Wと5Wの下部がドライバーのクラウンにガシャガシャぶつかっていて、気付いたら長い線のような擦り傷が付いてしまったのです。

 帰宅後、某ショップに持ち込んだけど、カーボン素材だから消えませんと。。。修理というか、ヘッドの買い替えかなぁと思っているのですが、あまりにも気になるようならそのまま下取りに出して新しくした方が良いですよとアドバイスを受け、試し打ちしたのですが、太陽光などに傷が反射して目立つので、そこに目付けをしながらドライバーを引いてしまうんですよね。全部左側に当たるので、どうしたものかなぁと悩んでいます。恐らく買い替えますけど。

 今回はカートに乗せる時は必ずヘッドカバーをかけるということを学びました。今までこんなことは無かったんですけどね。皆川城カントリークラブはコースとしては良かったけど、カート道はもう少し整備して欲しいと思います。

皆川城2

皆川城

 二十数年ぶりの同級生との楽しいラウンドでした。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。