ニューセントラルゴルフ倶楽部でラウンド。

 スコアはド安定の50(17)-53(21)と、相変わらず100を切れませんが、課題が見えて来ました。スコアマネジメントが出来ていない、アイアンが下手、これに尽きます。

 とにかくグリーンを目指してどんどん打って行け、飛ばせば気持ち良いが抜けなくて、20y〜30y前後のグリーン周りを残してしまいます。比較的ウッド系は打てているので、ドライバー→3W or 5Wでグリーン側。(乗らないので側)
そしてミドルはアイアンが下手なので、ドライバー→アイアンでグリーン周り。(距離は合うけど方向が安定しないので乗りません)

 ここで残りのグリーン側からチョロしたりトップしてグリーンオーバーを何回やったことか。これは薄々自覚していたのですが、何とかなるだろうでやっているからダメなんですね。

 次回以降のラウンドまでには、ロングは「グリーンまで100yを残す距離で止める」こと、アイアンの方向性を安定させることを目標に練習しようと思います。100yは大丈夫なんですよ。

 終わってからの「たられば」ですけどね(笑)。

 100y前後を残したロングでパーが2つ、ショートホールでもパーが2つ、ミドルではパー無しの結果でした。安定してミドルでパーが取れるようになれば、100切りどころか90台前半から80台も夢ではなくなるので、アイアンをキッチリ打てるようになりたいものです。

 昨日は天気も良く、湿度が低かったので爽やかな山の中でラウンドが出来ました。

ニューセントラルゴルフ倶楽部

 安定しているドライバーを極めようと、自分に合うとアドバイスを受けたシャフト「アッタスパンチ5S」を見つけ、それがたまたまキャロウェイのXRだったのでお買い上げ。ラウンド前夜に100球ほど打ってのラウンドでもしっかり結果を残しました。合っていなかったM2は全て下取りに出したので、今後はXRとエピックスター(FUBUKI V50)をメインに使います。

 色々なウッド系を試しましたが、飛距離に変化はほとんどありません。強いて言えば、XRで普通に振っても確実に200yは届くので、このアッタスパンチ5Sが合っているんだろうと思いますが、根本的にスイングが悪いんだろうなと(笑)。今ではどのようなドライバーを使っても200y前後でフェアウェイをキープ出来るヘンな自信があります(笑)。

XR

アッタスパンチ5S

 そうそう、今回のラウンドは1ホール終えるごとにカート2台待ちでした。原因は前4組がコンペで、コースデビューしたばかりだろうと思われるプレーヤーがいて詰まったんですね。ここで、「自分もコースデビューしたばかりの頃はこうだったんだろうなぁ」と懐かしんで、「遅い」とイライラしなかったことに歳を感じました(笑)。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。