<< カピタータの花芽 その2日後 | main | カピタータ 元に戻る >>

珍しい花の付け方をする花キリン

知っている方は「そんなことも知らなかったの」だけど、オレはこのような花の咲き方をする植物は初めてだったので面白いなぁという記録。

 花芽からまた花芽が出て二段になるんですね。(3枚目の写真参照)

花キリン
花キリン20100617 posted by (C)アチチ
これは叔母からいただいた時の写真

花キリン
花キリン20100731 posted by (C)アチチ
一度花を落とし、再度咲いた花

花キリン
花キリン20100806 posted by (C)アチチ
そしてこれが昨日撮影した「花芽から花芽が出る二段咲き」

 育て方を調べたら「生長期の今は日光ガンガン、湿気を嫌うので土の表面が乾いたら水遣り」と出てたけど、日光ガンガン、朝晩たっぷりと水遣りして土が乾くことは無い状態にしています。
 形が崩れたら切って挿し木にすればいいと書いてあったので、この生長期は乱れるように枝葉を伸ばさせて来年の春に切り戻して形を作ればいいわ。

 6月に来てから約2ヶ月、目に見えて生長が分かるのでこの時期の多肉植物としては面白いですね。
カテゴリ:多肉植物 > ユーフォルビア属 | - | -