カピタータ 元に戻る

花芽が咲いて約3週間経過。カピタータが元通りになり調子もいい感じ。花が咲いた時の記事はこちら。→http://www.donfuan.com/blog/log/eid207.html

 花を咲かせる時に踏ん張って赤くなり、散れば元に戻るという記録。<自己学習のためです。

カピタータ花芽
カピタータ花芽 posted by (C)アチチ
花を咲かせた時 7月24日撮影

カピタータ
カピタータ posted by (C)アチチ
そして本日元通り 8月14日撮影

 チランジアは面白いですねぇ。もっと探してみよっ。<買い漁るつもり。
カテゴリ:観葉植物・その他 > チランジア | - | -

カピタータの花芽 その2日後

カピタータに花芽を見つけてその2日後、あっという間に。


カピタータ花芽
カピタータ花芽 posted by (C)アチチ
カテゴリ:観葉植物・その他 > チランジア | - | -

カピタータに花芽

カピタータに花芽が出たので記録として残すだけの記事。


これは2010年3月9日に通販で到着した時

カピタータ
カピタータ posted by (C)アチチ

 ちょっと日照時間が長くて焼けてきたのか、こりゃもうダメになるかなぁと思っていたのが昨日。が、今朝見たら花芽がビンビン出て来ているじゃないですか。
今更だけど、3月の時と比較すると生長しているのが分かるので、植物を「見て楽しむには」やはり写真に残しておくべきだな。

カピタータ
カピタータ posted by (C)アチチ

その花芽に寄ったところ。

カピタータ花芽
カピタータ花芽 posted by (C)アチチ

 チランジアは「適当に水をかけておけば生きている」という認識だったけど、ここ数ヶ月で「その面白さ」を実感しているところ。もう少し品種を増やしてみるか。
カテゴリ:観葉植物・その他 > チランジア | - | -

ようやく咲いたフックシィ

お待たせしました!って、オレが待ってたんだけど、ようやくフックシィが咲きました。この「ようやく」っつーのは、蕾の期間が3週間以上もあったからなんです。夜になると「明日の朝にはどう変化しているだろう?」と、楽しみでもあり、このまま咲かないで枯れちゃうんじゃね?という不安もありだったけど、この紫色が見れて嬉しいですよ。何たってチランジアの花が咲くと知ったのは今年になってからですもの(笑)。逆に咲いたら咲いたで明日からの楽しみが無くなったなぁ。

 調べていないので分からないんだけど(ググレカスとか言うな)、この花芽の茎の部分が長過ぎるような気がするんだわ。もっと元の方で咲いているのを見たような気もするし、あれは他の品種だったような気もするし。
「短くシュッとスマートに咲く」という表現が合っていて、そういうイメージを持っていたんだけどな。
でもうちのはダラ〜ンとなってシナッと咲いてるんですよね(笑)。

 ま、咲いたからいいや。チランジアの花ってキレイですよねぇ。紫色と黄色の組み合わせがいいわ。

<環境>
半日陰
プラ鉢に苔を詰めて水ビッシャリ
その上に固定せずフックシィをチョコンと乗せてるだけ

フックシィ
フックシィ posted by (C)アチチ

フックシィ
フックシィ posted by (C)アチチ

フックシィ花芽
フックシィ花芽 posted by (C)アチチ

フックシィ花芽
フックシィ花芽 posted by (C)アチチ

フックシィ花芽
フックシィ花芽 posted by (C)アチチ

 どんふぁんドットコムに載せようと思ったけどこっちで。リチョー、いやRICOH CX3で撮った写真。
カテゴリ:観葉植物・その他 > チランジア | - | -

チランジア属の植物たち

パイナップル科チランジア属

 札を外して名前が分からなくならないように覚え書き。

フックシィ
フックシィ posted by (C)アチチ

カプトメドーサ
カプトメドーサ posted by (C)アチチ

カピタータ
カピタータ posted by (C)アチチ

ブルボーサ
ブルボーサ posted by (C)アチチ

トリコロール
トリコロール posted by (C)アチチ

ブッツィ
ブッツィ posted by (C)アチチ
カテゴリ:観葉植物・その他 > チランジア | - | -

枯れるか?エアープランツ

 枯れてきたエアープランツ。空気中の水分を吸収するので「手間暇かからず」が売りのはず。写真の下部を見れば金魚が写っているけど、「気を遣って」水分が吸収出来るように水槽の上に置いてあるのです。けど枯れてきた。

http://www.donfuan.com/blog/log/eid47.html

 ↑元気な頃
 適度に霧吹きで水やってるんですけどね。

エアープランツ
 さて、全滅せんうちにしばらくは気を遣ってみるか。
カテゴリ:観葉植物・その他 > チランジア | - | -

エアープランツ

エアープランツ

 多肉の次にお気に入りなのがこのエアープランツ。これこそインテリア向きとしていい感じだと思うんだがなぁ。ナゼかっつーと、世界で一番手入れが不要で見栄えもいいから。

 明るく風通しの良いところが最適です。陽の当たらない室内に飾る場合はできれば週に2〜3時間陽に当ててください。屋外では真夏の直射日光は避けて、半日陰に置くとよいでしょう。
 最低成長温度は5℃です。凍らなければ枯れませんが霜が下りる前に室内に取り込んでください。
 空気中の湿度が60%の風がながれている状態では、殆ど水やりの必要はありません。60%以下の時は葉がぬれる程度に霧吹きを室内では週に2〜3回夕方から夜にやってください。(エアープランツは昼間は気孔を閉じており夜開きます)
 屋外では、梅雨の時期を除いて自然の夜露や雨水に任せておけば殆ど水やりは必要ありません。梅雨時は雨がかかりすぎますので調節してやってください。

エアープランツの育て方より

 玄関に水槽が置いてあるから、その上にちょこんと乗せてます。空気中の水分には事欠かないだろうし、玄関入って緑が目に入るっていいじゃないですか。<自己満足。

 値段も安く、簡単に購入できるのでお勧めの観葉植物です。
カテゴリ:観葉植物・その他 > チランジア | - | -