Ornithogalum concordianumのその後。

 10月は仕事で時間に追われていたような、それでも写真の練習を怠らないように時間を作っていたのに多肉植物はご無沙汰。植え替えしたり、動き出して変化のある多肉を写真におさめなければと思いつつも、見ていただけでした。

 で、オーニソガラムが芽を出して約1ヶ月、直射日光を浴びてクルンクルンに巻きが入りました。

Ornithogalum concordianum

Ornithogalum concordianum

 他にも大きくなった多肉植物はあるのですが、写真におさめていないので「何時と比較して大きくなったか」を表現出来ないんですよね。

 本来は「美しさを保って鑑賞する」のがハオルチアだと思っているんだけど、生長のみを楽しんでいる感が否めないので、写真同様もっと力を入れます。
 10月は山中湖からの富士山、木曽の紅葉の写真を撮りに行ったけど、移動時間や撮影時間を考えると多肉植物の手入れは余裕で出来たんですもの。

Ornithogalum concordianumのその後。」への2件のフィードバック

    1. 植物は目の保養になりますね。その中でも多肉植物は癒しになっています。
      机の上の多肉植物は、たまに日光浴させてあげてくださいね。

ito_plus へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。