越冬したレティキュラータ。

 大げさなタイトルを付けなくても、普通に、フツーに飼育していればヘロヘロになることなど無いんだけど、今年もやっちまった感丸出しのレティキュラータ。

レティキュラータ

 気付いていたんですよ。でも見て見ないふりと言うのでしょうか、嫌なことは後回しにする性格がそのまんま徒長してビローンという形で出ました(笑)。この冬は水遣りを1回もしなかったから徒長したんですよ。<おい。

 で、本日、鉢も一回り大きくしてイチから作り直すかと、陽気につられて手を入れました。

レティキュラータ

 この夏に溶けるようなことが無ければ、秋にはまた元通りになるはずです。

レティキュラータ

 こいつも斑が好みなんですねぇ。フォーカスがちと甘いけど。

レティキュラータの花芽。

 埼玉県東部地区、ここ数日は最低気温もマイナスになり、日が当たっても風が冷たく体感温度は低めです。このような環境で水遣りは雨が降った時だけという悪条件の中、レティキュラータが花芽を出しました。という記録。
 ビックリですね。

レティキュラータ

 年内には「これっ!」というブツだけを屋内で日当り良好の場所に取り込む予定だけど、他のハオルチアも気温の変化に反応して花芽を出してくれるかしら。